HOME >  スペシャルコンテンツ >  社員インタビュー/旭化成ファーマ >  海外臨床部/臨床管理部/市販後調査部

旭化成ファーマ

旭化成ファーマで活躍する社員たちに、仕事のやりがいや風土、
これから入社する新しい人財への想いをインタビューしました。

代表取締役社長   海外臨床部/臨床管理部/市販後調査部   医薬研究センター CMC研究部/安全性・動態研究部

組織の壁に阻まれず、大きな仕事に自分の視点を活かして取り組んでいます。
つぎつぎと新薬が生まれ、スペシャリティファーマとして確かな地位を築きつつある、旭化成ファーマ。この会社を選んだ転職者たちが共通して語るのは、「製薬業界の中では、際立って若く、成長性を感じる会社でありながら、旭化成という確かなバックボーンを持つ」ことの魅力です。そして、持ち前の自由闊達な風土に触発され、つねにゼロから思考し、研究や開発のあり方そのものを革新してゆく醍醐味。その喜びを味わっている転職者の方の生の声をご紹介します。
海外市場への開発プロセスを
作り上げる醍醐味
旭化成ファーマの魅力として感じたのは、今、成長段階にある会社だからこそ、企業家精神を発揮できると思った点でした。これまで外資系製薬企業で海外導入品の国内開発を経験してきたことから、「新薬の海外展開」経験を積みたかったことも転職理由の一つでした。実際、入社してからは、まさに想い描いた通りの日々を送っていると思います。中国市場に向けた開発を任され、開発のやり方そのものから、自分で作り上げる日々。海外当局との交渉など、初めての経験も多いですが、一つずつ課題を解決し工夫を重ね、開発プロセスを構築していくのは、ビジネスパーソンとしても大きな経験になっています。起業家精神が養われ、経営観点も含めた、“考える力”が仕事を通じて鍛えられる。そんな広範な力が身に着く環境に充実感を感じています。
すぐに意見を取り入れる
柔軟で、大胆な風土が魅力
入社後すぐに、新製品の調査責任者に抜擢され、その後、大型新薬となった、その製品の育薬にずっと携わっています。入社して驚いたのは、とにかく既成概念に捕われず私たちの発想や意見を大胆に取り入れる会社だと言うこと。私の場合は、市販後調査を円滑に進めるためのプロセス改善として、これまでの経験を元に計画、提案したところ、受け入れられ大きな成果に繋げることができました。とにかく柔軟で、前例に捕われず変化と進化を好む。この風土にはつねに刺激を受けていますね。また、医薬品のリスク管理など自社製品に関するリスクとベネフィットを明らかにし、社会からの信頼を得る機会を常に模索することに非常に力を入れるなど、確かなインティグリティを備えた組織であることにも魅力を感じます。まさに、「ひとの、いのちと、暮らしに貢献する」という理念がどの現場にも浸透している結果だと考えます。高い志と自由闊達さの両面を持った、非常に面白い企業だと感じますね。
医薬・医療系技術職種へ
ページトップ