社員インタビュー MR座談会〜男性編〜

旭化成ファーマでは、注目の新薬上市による大きな飛躍を目前に控えています。
その最前線を担っているのが、MRです。医療の現場に接する仕事だからこそ、
生命を救う役割の一翼を担うという大きなやりがいを感じられる。
それこそが、MRの一番の魅力です。

多様な社会人経験のあるキャリア入社の社員は、旭化成ファーマにとって大きな財産の一つです。
MR採用では、営業未経験の方や異業種からの新たな挑戦も歓迎しています。
様々な転身を果たした社員の声を参考に、MRの醍醐味を感じてください。

営業未経験、他業種からの新たな挑戦も応援します。旭化成ファーマの『MR』、その醍醐味を感じてください。

転職のきっかけや、MRを目指した理由は

松井
私は元々営業志望だったのですが、新卒で就職したメーカーでは希望は叶わず、経理部への配属となりました。3年ほど経理を経験しましたが、やはり営業への想いは強く、転職を決意しました。業界としては、「社会で広く必要とされる製品の営業に携わりたい」いう想いから、医療・医薬の分野に興味を持ちました。
木ノ下
私は母が看護師であったこともあり、物心ついた頃から、「医療に関連した仕事がしたい」という想いが漠然とありました。社会人のスタートは公務員だったのですが、1年半ほど過ぎた頃に、改めて「医療の現場に関わる仕事をしたい」と考えるようになり、思い切ってMRという未知の世界へ飛び込みました。
窪田
私は大学卒業後、3年ほど学習塾で講師をしていました。元々理系を専攻しており、医薬品の分野にも興味を持っていましたが、最初はMRのこともあまり知りませんでした。
改めて自分のやりたい分野や興味のある仕事を探求し、様々な転職セミナーやサイトを見ていく中で、MRという仕事に関心を持ちました。

松井 達潤
医薬東京支店
東京第四営業所

旭化成ファーマを転職先として選んだ理由は?

窪田 一静
医薬仙台支店
郡山病院営業所

木ノ下
実は父親が透析を受けていて、旭化成が人工透析器の半透膜を作っていることを知りました。旭化成に興味を持ったのはその時ですね。
自分の家族が旭化成の製品にお世話になっていることもあり、どこかに感謝の気持ちがあったと思います。旭化成ファーマがMRを募集していることを知り、自然と応募を決意しました。
松井
当社は大手の製薬メーカーと違い、製剤の数は多くありませんが、それぞれの領域において専門医から高い評価の製剤を扱っています。いわゆる、スペシャリティファーマと呼ばれている会社ですね。
当社の製剤は各領域で非常に評価の高い薬剤ですから、自信を持って営業活動ができると思いました。このことも、旭化成ファーマへの転職を決意した理由の一つですね。
窪田
私は化学を専攻していたこともあり、旭化成ファーマのことは、他の製薬会社よりも身近に感じていました。
転職活動では、何社かの説明会やセミナーに参加したのですが、社員の方の対応や雰囲気は、旭化成ファーマが一番良かったと感じましたね。もちろん、実際の仕事内容も重視した上で、当社を選びました。
木ノ下
確かに、私もセミナーでの雰囲気や話の内容には、とても好感が持てましたね。
少人数のグループで先輩社員へ質問をする時間もあり、業界や仕事内容について丁寧に説明してくれました。営業未経験で不安な部分も多くありましたが、実際にMRとして働く先輩社員の声は、新しいチャレンジへ前向きな気持ちにさせてくれました。

MRとして活躍してみて実際はどうですか。

窪田
MRの仕事は、一人で病院や医院に行って活動する「個人で取り組む仕事」というイメージを持っていました。しかし、当社では営業所やチームで取り組む仕事も多く、上司や先輩もしっかりとフォローしてくれます。
他の製薬メーカーと比べても印象はずいぶん違うのではないでしょうか。
チームプレーの中で、社員それぞれが成長していくイメージですね。
松井
実際に配属されて強く感じるのは、新人もベテランも自分の意見や考えを発言できる雰囲気があることですね。かつての上司からも、「たとえ中途入社でもいまは旭化成の人間なのだから、きちんと発言をするように」と言われました。そのような雰囲気は、仕事への意欲はもちろん、「新しい発想やアイデアをどんどん発信していこう」という気持ちにさせてくれます。

木ノ下 亨
医薬福岡支店
北九州営業所

研修の印象はどうでしたか

松井
入社後に4ヵ月ほどの研修がありました。会社の概要や、製剤や病態の基本的な知識、MRテキストに沿った勉強などです。この研修で学んだことが、今のMR活動を後押ししています。
窪田
模擬説明会やロールプレイングなどもあり、営業職としてのスキルも身に付けていけるので、未経験者という不安も少しずつ解消されました。
研修は、同期入社の26名と一緒に受けたのですが、研修期間を通して「同期の絆」も育まれました。
今はそれぞれ別々の拠点で活躍していますが、連絡を取り合い、情報を交換しながら切磋琢磨しています。
松井
営業未経験からMRへ転職するチャンスは、実際にそう多くはないと思います。
それでも、充実の研修からMR認定試験対策まで環境を整え、未経験者採用を行っている旭化成ファーマ。それは、人材を、『人財』に育てていこうという理念があるからだと実感しますね。

配属後もMR認定試験に向けて勉強を続けるのは大変ではないですか

木ノ下
MR認定試験は新卒の新入社員でもキャリアのメンバーでも、最初に立ちはだかる壁。ですが、これを乗り越えるために、会社は全面的にバックアップしてくれます。
MR活動を行いながら勉強ができるようにとの配慮もありますし、上司や先輩方も応援してくれます。
私の場合は、MR認定試験をそれほど大きな壁には感じませんでした。
同業他社の話を聞いても、当社はMR認定試験に向けてのバックアップ体制は充実しているように感じますね。
松井
もちろん、実務と勉強の両立は大変な面もあります。平日は業務をしっかりこなして、休日に自分でタイムスケジュールを組んで勉強時間を確保していくわけですが、大半は研修期間中にも教わっている内容なので、配属後は主に過去問を解いたり自分なりに演習をしたりと、忘れないように復習するという感じでしたね。
木ノ下
現場に出れば、同じ壁を乗り越えてきた上司や先輩が勉強方法についてもアドバイスをしてくれますしね。なによりも机に向かっているだけでなく、現場に出ればそこには旭化成ファーマの薬を必要としてくれる方がいます。この職場環境こそが、「今自分は何のために勉強しなければならないのか?」という疑問に対し、明確な答えを導き出してくれます。

では、MRとしてのやりがいを感じるのはどんなときですか

松井
やはり、人が相手ですから、単純に割り切れることばかりではありません。多忙な医師に時間を頂くのは簡単ではありません。
それだけに、何度か面会を続けていく中で信頼を得、初めて薬を処方していただいた時の喜びはひとしおです。
それ以上に「薬が効いて、患者さんも喜んでいたよ」という報告を受けた時には、MRとして何よりのやりがいを感じます。
窪田
やはり薬を新規で採用してもらった時が一番ですね。そのために大事なのは、こつこつと信頼関係を築いていくことだと思います。目先の利益でなく、地道に活動していくことが大事なのです。また、生命をも左右するような状態で処方される製剤の場合には、おかげで無事救命できたと聞くと、紹介して良かったなと思います。
木ノ下
私が最初に担当した病院では競合他社の製剤が中心的に処方されており、当社製剤は採用されていませんでした。最初は先生にもなかなか会えなかったのですが、毎日病院に通い、担当の先生に必ず挨拶をするようにしました。薬の話などできないので「おはようございます。旭化成ファーマでございます。」と言うだけでしたが、毎日続けるうちに、先生も根負けされたのか話を聞いていただけることになったのです。そこで、所長同行のもと、薬の紹介をさせていただくと、ふたつ返事で採用していただけました。途中、「もしかしたら無理かもしれない」と思うこともありましたが、あきらめることなく通い続けたことが成果につながったのです。
通常他社では、このような大病院は、40代前後の中堅MRが担当しています。私のような駆け出しのMRが担当させてもらえるのは、大きなチャンスをもらったということ。若手でも、努力を重ねることで、チャンスが得られる会社だということも実感しましたね。

旭化成の社風やMRの職場環境はいかがですか

松井
転職活動の際にも、チームを意識した営業活動ができる会社に入りたいという話をしたところ、それなら当社は大丈夫という説明を受け入社を決めました。
今の担当地域は1人で活動していますが、営業所のメンバーは情報の共有がしっかりとできていますし、学術担当や上司・先輩とも連携を取りながら、同行も必要に応じて行っています。ただ、基本的には、業務の大半は自分に任されています。それにメガファーマと言われるようなメーカーは、領域毎にMRが分かれており、担当する診療科を限定しているようですが、当社では院内全ての先生に会うので、フットワークの良い活動ができます。それだけに幅広い勉強も必要ですが、得られる知識や経験も大きいですね。
木ノ下
当社の良いところは必ず一人ひとりに目を配ってくれる人がいることです。誰かが見てくれているので、困った時には、営業所の先輩や時には違う営業所の先輩が声を掛けてくれることもあります。MR同士や営業所として、1人の先生に対する効率的なアプローチを計画することもあれば、支店として時には社長でさえ課題解決に力を貸してくれることもあります。
実際に私の担当病院へ、社長が同行して院長先生に採用をお願いしてくれたこともあります。1人のMRの目標に対して、社長自ら力を貸してくれるほどの会社なんだと思いました。
窪田
これまでは、先輩や上司にサポートをしてもらう側でしたが、これからは自分もそうしたことを後輩に伝えていけるように成長していきたいですね。
日々のやるべきことを一つずつクリアしていきながら、それを将来に繋げていければと思います。
将来的には、より大きな市場で活躍することや、他の部署でも通用するようなスキルを高めていきたいです。

最後に、MRへの転職を目指す方に向けたメッセージをお願いします

松井
若い社員が多くいます。これも旭化成ファーマの魅力の一つです。現場でも、上司や先輩に気軽に相談でき、一から教えてくれますから、未経験でもまったく心配ありません。営業の醍醐味である売れた時の達成感は、事務方ではなかなか得られない手応えです。そんなやりがいを共有できる方をお待ちしています。
木ノ下
待望の新薬が立て続けに発売になり、今すごく勢いのある会社です。
MRも若く活力あるメンバー揃い。そういう点からも、大きなチャンスを与えてくれるのだと思います。
大きな病院を任されるのは、プレッシャーも大きくなります。
ですが、それを乗り越えた時の実りも大きいのです。
同業他社ではエース級の人たちが担当するような病院で競うことができるので、自分を鍛えられるチャンスでもあります。
所長からもよく言われるのですが、“一生懸命やっていれば必ずチャンスをあげる”と。
仕事の中で失敗もあるかもしれませんが、当社は一生懸命やれば、必ず何かを返してくれる会社だと思います。
窪田
研修も職階に応じて、必要な能力やスキルを同年代の同僚と学ぶことができ、自分自身に足りなかったモノに気付くことが出来ます。
教育環境も充実しており、現場に出てからも先輩や上司にいくらでも相談が出来ます。
営業所一丸となって目標を立て、計画達成に向かっていくという雰囲気も整っています。
営業経験がないと不安なこともあるでしょうが、ぜひ、勇気を持って、踏み込んでください。誠実で一生懸命な人、なおかつ自分自身が成長したいという強い気持ちのある人なら大歓迎です。
木ノ下
ある日、病院に行くと、先生が走って来て「ありがとう!あの患者さん助かったよ」と教えていただいたことがありました。
その先生には、薬の説明のために何時間も待って、話を聞いてもらえたのは数十秒ということ、忙しい時には声もかけられないこともありました。そんな中、先生が当社の製剤を処方していただけた事も嬉しかったですし、何より先生のどうしても患者さまを助けたいという想いに、微力ながら力になれたことがとても嬉しかったですね。
小児科ではこんなエピソードがありました。
たまたま、まだ小さくて幼い患者様が救命された際に、ご家族が涙ながらに先生にお礼を言っているところを見かけました。
その後、先生は私に「旭化成ファーマの薬が役立ったよ」と言ってくれました。
MRは、生命を救うことを実感できる仕事なのです。だからこそ、ぜひ多くの方にチャレンジしてほしいですね。
MR職の詳細へ
ページトップ